旦那をずっと愛し続ける方法はありますか?


セックスの相性が合わなくて、旦那とうまくやっていく自信がないんですけど……という女性は意外と多いのです。
そして、男性のほうはというと、そもそも自分のパートナーがセックスの際にあまり満足で来ていないのだということに気づいていないという例が意外なほどに多いようです。
特に結婚した女性は、自分が決めたこと(自分が選んだ男性のこと)についてはプライドを持ちたがるものです。

この人と結婚したことについて後悔することはあったとしても、簡単に離婚を考えるところまで行く女性は、意外と少ないのです。
誰かと結婚して簡単に離婚しているようでは、よほどの事情がない限り、自分だって失うものがかなり多いわけですし、そもそも、誰かと離婚をしてまた別の出会いを求めたいなと思っても、そもそも男女の出会いのチャンスというのは、そう簡単にゲットできるものではないと思います。
もちろん、素敵な出会いを実現させたいけれどもなかなかそのチャンスがないといって悩んでいる人のために、出会い系サイトというものがあるわけなんですが……

簡単に離婚を決意するようでは、結婚を決めた自分を全否定することになってしまう……それだけは嫌だ、自分を否定するのは嫌だということで、多少の不満があったとしても、それが本当に限界だというところまでくるまで、女性はひたすら我慢するのです。
結婚をした後で自分の決断を公開し始めても、自分の決断を否定したくはないと考える女性の気持ちは、わたしにもよく分かります。
私だってまさに同じような考え方をするからです。

結婚を公開した理由がまさか「旦那との体の相性が合わないから」といった理由なら、なおさら離婚をせずに我慢するという女性は多いです。
離婚を決意する理由が例えば、夫からの暴力を受けていてそれが耐えられないというようなシリアスな理由だったら、離婚をためらう女性もそれほど多くはないと思いますし、おそらく自分の身の回りにいる人が夫婦間のトラブルに気づいて離婚を勧めてくれるという例も多いと思うのですが、まさか夫婦の体の相性が合わないからといってそれだけで離婚というのは……どうしてもためらってしまう夫婦が多いというのも分かります。

本当に夫婦の相性の問題というのは、当事者にしかわからないものなんです。
誰かに相談できるという問題でもないですし(もしそういうプライベートなことを相談できる友達などがいるなら、それはそれでものすごいことだと思います)仮に誰かに相談したところで自分たちの問題が解決するという保証はありません。

だから多くの女性たちは、たとえ旦那とのセックスに多少の不満を感じたとしてもそれを言わずに我慢するのです。
妻の側がセックスに不満を感じたら、男性の側も同じように不満を解消しているというケースは確かに多いのですが、残念ながら、そうではないというケースもあるのです。
つまり、セックスの不満を感じているのは女性の側だけというパターンですね。
旦那に挿入されるたび、本当はすごく痛いのだけれど、そんなことを旦那には打ち明けられずにいるという人妻は多いですよ。

なぜセックスに不満があることを黙っているのか、それを不思議に思う人は多いかもしれません。
ただ、セックスの不満を旦那に打ち明けない人妻の心境としては、ひょっとして、二人のセックスで満足できない原因は自分のほうにあるのではないかという自責の念と、もしも旦那とのセックスに不満を持っているということを旦那に伝えたら、そのせいで旦那との関係が悪くなってしまうのではないかという恐れがあるからです。

特に、セックスに不満を持っている以外はおおむね旦那のことを愛しているという人妻は多いです。
もしも、性格などもあまりそりが合わず、そのうえで体の相性もあまりよくないということであれば、やっぱり夫婦としてずっと生活を一緒に続けていくというのはかなりつらくなると思いますので、離婚してしまう確率が高いでしょう。

たいていの場合、セックスの不満を旦那には言わずに我慢しているという人妻ほど、旦那のことを非常に愛しているというパターンが多いのです。
こういう話を聞くたびに、男女の関係というのは本当にうまくいかないものだなと痛感します。
セックスの相性が合わなくても、旦那を愛し続ける方法。
いちばんいいのはもちろん、夫婦でしっかりと話し合って、どうすればお互いに満足できるセックスができるかということを確かめ合うことです。
本当の意味で愛し合っている夫婦だったら、どんな不満であっても隠さずに話し合って、とにかくセックスをしまくって、痛いなら痛いということを相手にはっきりと伝えて、ほんとうのいみでお互いが満足しあえるセックスのやり方を見つけるまで徹底的にやりまくるということができるはずなんです。

もし、妻がセックスに関する不満を打ち明けた時に、旦那が逆上したりするようでは、それは本当の意味でよい夫婦関係を維持できているわけではないのだと私は思います。
本当の意味で愛し合っている夫婦だったら、どんなことでも包み隠さずに言えるはずなんです。
私が誰か男性とお付き合いするんだったら、もちろんそういう関係をやがては築いていきたいというふうに思います。
もちろん、特に付き合い始めたばかりの頃などは、お互いに言いたいことを我慢して気を遣うという場面も多いかと思いますが、これが結婚して夫婦になったということだったら、いつまでもわけのわからない部分で気を遣っているというのはおかしいです。
言いたいことをはっきり言いあえる夫婦こそ、本当の意味でよい関係の夫婦なのだと思います。

お互いにセックスの相性が良くなくても、よい夫婦の関係を維持していく方法というのはあります。
それはズバリ、今のままではセックスしても気持ちよくなれないのだということをパートナーにはっきりと伝えて、それではどうすればセックスでお互いが気持ちよくなれるのかということをしっかりと話し合うことです。

話し合ったうえで、いろいろなセックスのやり方を試してみればいいのです。
性的な志向というのは、ひとによってさまざまに違います。
以下に夫婦といえども、もともとはまったくの赤の他人同士なわけですから、性的な志向が異なるのは当たり前です。
いろいろなセックスのやり方を試しているうちに、お互いの性的な志向というのは必ず見えてきます。
そのためにセックスをやりまくるわけですから、それまでよりももっともっとお互いのことがいとおしくなるでしょう。

女性に人気の注目サイト→セフレ検索サイト